遭難.net

遭難.net 分室

山岳遭難ニュースを取りあげながら、安全な登山を考える

北海道 鹿狩りの NHK苫小牧支局記者 大雪警戒のなか林道へ 救助に向かった男性死亡

SPONSORED LINK

各報道機関が大雪への警戒を呼びかける北海道で、休暇中のNHK苫小牧支局記者 27歳が鹿狩りに出かけた苫小牧市の林道で積雪のため立ち往生して、救助に向かったロードサービスの3名と合わせて計4名が遭難した事故があったそうだ。


4名のうち3名は2日朝に救助されたが、除雪車を徒歩で探しに行き連絡がとれなくなっていたというロードサービスの1名は林道沿いで倒れているのを発見され死亡が確認されたとのこと。


外出を控えるよう呼びかけるべき報道機関に身を置きながら鹿狩りに出かけて遭難し、救助要請するという軽率な行為の結果、救助に向かったロードサービスの命が失われる結果は大変残念に思う。亡くなった方の御冥福を祈る。


一番下の苫小牧民報によるとNHK苫小牧支局 横山寛生 記者とある。



https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180302/k10011348751000.html?utm_int=news_contents_news-main_002


北海道:猛吹雪、救援の男性死亡 鹿狩りのNHK記者要請 - 毎日新聞


苫小牧市丸山の林道で、救援出動の男性1人死亡 低気圧で荒天、被害広がる|ニュース|Webみんぽう